永田農法についてのまとめ

永田農法は、永田照喜治氏が発案し、肥料と水を極限まで抑えて、植物の野生の力を蘇らせる農法であり、スパルタ農法や断食農法とも言われている。野菜を美味しくするためには、その野菜の「原生地」の環境を再現するという考え方から、ルーツ農法とも呼ばれている。

永田農法の基本は健康な根を作ることから始まる。

そうすれば、根に十分な酸素を供給でき、健康な野菜が出来る。
用土は日向土を、肥料は液肥を使う。
日向土は、沢山の孔があり空気を含みやすくなっている。
液肥は、住友液肥1号,住友液肥2号がおすすめ。

大事なのは水やりで、必要なタイミングで水を与える。つまり、乾かしすぎない、与えずぎないのが大事。

基本的には、土の表面が乾いたら、水やりを早朝に行う。暑い日は、夕方にも水やりする。

葉や花にかからないよう、根元にじっくりと与え、鉢底から水が出てくるのを確認する。

定植する場合、ポットから苗を出し、水を一杯いれたバケツに苗を入れ、付着した土を水で根をほぐすよう丁寧に洗い落す。

根元から5~7cmぐらいに切り詰める。

液肥を600倍に薄めた水で湿らせた鉢の植え穴の底に土を盛るようにし、根を拡げながら浅めに植える。

ブログランキング

「気ままに半農半楽」ブログを応援して頂ける方は、一日一度下の「人気ブログランキング」クリックをお願いいたします。
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*